身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2020年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

今の大変な状況を記録したいあなたへ。






こんにちは、ろくです。

 

新型コロナウイルス感染症、外出自粛のかいあって、少しずつ新規感染者の数は減ってきているように思います。

しかし、北海道では第二波がきていそうな印象……。

まだまだ気は抜けません。

自粛に慣れてしまって気が抜けそうになることも、正直ありますが、そこでしっかりと気を取り直して正しい手洗いやうがいを徹底しています。

そんな私は風邪系の体調不良はないものの、騒音トラブルにつき完全に不眠症を再発してしまいました。

このことは、機会があれば『陸日報』の方で触れたいと思います。

 

 

デジタル手書きのススメ

さて、今回は、この大変な世界状況を記録したいけれど、日記や手帳を増やしたくないという方へ、『デジタル手書きのススメ』をご紹介します。

活字で残すのは簡単ですが、日記を書くことが好きな方はたいてい手で書くことが好きなのではないかな、と思います。

でも紙を増やしたくない。ノートを買いに行くのも不要不急。

 

私もそのうちの一人です。

手書きで日記を書きたいけれど、ノートを増やしたくない。

そこで思い立ったのが、『デジタル手書き』でした。

 

幸い私はiPadを所有しています。

スマホでも可能ですが、多分スタイラスペンでは書きにくいと思うので、これはiPadをお持ちの方にオススメしたい方法です。

 

iPadApple Pencilは、本当に紙とペンのように扱うことができます。

 

 

ある日の日記

iPadを使った手書き日記

デジタル手書き

文字も、イラストも、かくことができますし、装飾もできます。

写真も貼ることができます。

写真を使ったデジタル手書き

デジタル手書き

コロナの感染者数がピークだったころは、毎日東京の人数を記録していたため、最近は随分減ったなあと思いました。

あと、このインスタライブネタは男子バレーの西田有志くんですねw

大好きなので見ましたが、西田くんに限らず、男子バレー選手はインスタライブをしておうち時間を楽しませてくれる選手がたくさんいて、毎日ワクワクしています。

 

話を元に戻しますと、iPadを使ったデジタル手書きは、ペンの種類や色も変えられて何を書いても楽しいです!

個人的にモノトーンが好きなので、あまりカラフルにはしていませんが。

iPadの中で日記をめくれるし、どうしても紙にしたければ印刷すればいい。

でもそれは必要になったらするのであって、普段はものを増やさずに日記を書くことができます。

 

ものを手放した記録にも

ミニマリストを目指す方なら、『今日はこれとこれを手放しました』という記録に、写真と一言を添えれば、思い出にもすぐにリンクすることができます。

頑張った記録は励みになりますよ!

活字でもいい方はパソコンやスマホで好きなだけ、写真入りの日記は書けます。

 

ミニマリストを目指す理由によりますが、所持していたものを記録しておきたいなら本当にオススメです◎

バッサバッサ捨てる! という方は記録しなくていいですし、私もものを捨てることに関しては記録をしていないのでバッサバッサ捨てています。

私の場合、捨てるものが多すぎて記録していたら日が暮れる、というのが正しいでしょうか(^_^;)

 

前にも記事にしましたが、バレットジャーナルとして1冊のノートは持っています。

 

www.minimalist6.net

 

これは、使い切ったら捨てていくただのノートなので、物が増える対象には私はカウントしていません。

 

 

そういえば、先日『あつまれどうぶつの森をダウンロードで購入しました!

おうち時間を使ってプレイしています。

ダウンロード購入はミニマリストの最大の味方ですね。

 

超分厚い攻略本は存在するようですが、そこまでやり込むつもりはないので、攻略本は見ずに進めていきます(^o^)

おうち時間が長引いていますが、皆さんは日常のルーティン以外に何をして過ごしていますか?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事