身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2020年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

疲れているときほど、片付けが重要。






こんにちは、ろくです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

病み寸前。

仕事がつらすぎる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サムネイル

サムネイル

さて今回は

ものの住所を決めておかないと

動けないときに

とっ散らかる!

です。

 

 

 

ストレスから自分で逃げる覚悟

仕事が変わったわけではないのですが

コロナの影響で

業務が変わりました。

 

一応期間限定的な感じですが

コロナ前の業務がまた戻ってくるとは

正直考えていません。

 

戻ってきたとしても

私たち夫婦は仕事を変えようと

考え始めています。

 

それにはかなりの覚悟が必要です。

 

ただでさえフリーランスなのに

今もらえている仕事を手放すというのは

これから先金銭的に

生きていけるのか?

という問題が付きまとうからです。

 

それでも離れたいと思う理由は

ストレスしかありませんね(・・;)

もうとにかく失礼。

愚痴るつもりはありませんが

とにもかくにも失礼なんですw

 

いつもと違う業務をやって

よくわかりました。

 

このままここで仕事を続けていると

いつか殺されると思います。

 

フリーランスで出向するということは

有休制度もないので

病院にも行けない日々なんですよね。

 

週に何日か単発で

という出向ならわかりますが

平日毎日フルタイムだし

いつ病院に行くんだろう?

健康診断も行けません。

 

社員さんはコロナ禍で週2、

しかも遅出早上がり。

 

私たちは週5、

しかも早出残業。

サービス残業だからなしかも!

 

残業していることに

気づいていないんだと思います。

 

バスの都合で早めに到着するのですが

主人は着いてすぐに業務を始め

私は時間まで

意地でも仕事をしませんw

 

このブログは毎日

その「朝」の時間に書いています。

 

ということで

自分の命を守るために

仕事のありかたを変えたいなと

考えています。

 

最近は限界まで仕事に体力を使っています

命を守るだなんて大袈裟な……

と思うかもしれませんね。

 

たかが座り仕事。

スズメバチ駆除みたいな

危険な業務ではありません。

 

しかし

座りっぱなしというのも

本当に体に悪いんです。

 

それに今の業務は

一瞬の伸びをする時間も惜しんで

パソコンと向き合って

時間と闘っているので

眼精疲労からくる肩や首の痛みが酷い。

 

寝ても寝ても疲れてるんです。

起きて第一声が

「疲れた」

なんです。

こんな生活信じられない。

 

朝日を浴びて深呼吸したい。

 

毎日どのくらい疲れているかというと

仕事を終えて切り上げたときに

片付けることができないくらいです。

 

資料をしまいに行けないくらい。

使ったペンも元に戻せないくらい。

歩いて会社を出るのも辛いくらい。

 

本当に限界まで力を振り絞って

仕事をしているんだなと実感します。

 

その状態で帰るとどうなるか

いつもの業務なら

定時で帰れるし

こんなに疲れもたまらないので

買い出しをしてご飯を作ることが

かろうじて可能でした。

 

でも今は違う。

 

寄り道なんてしたら

そこから動けなくなりそうで

一気に家まで帰りたいし

 

ご飯なんて作れたもんじゃないんです。

 

UverEatsさんにお願いするにしても

選ぶのもおっくう。

食べないで寝たいくらいですが

主人を巻き添えにできないので

とりあえず食べる。

 

できたものを食べて

シャワーを浴びて寝るのが精一杯です。

 

でも

私はお味噌汁が好きなので

お味噌汁だけでも作りたいという

気持ちはあるんです……。

 

来週は実践したいなあ。

 

ものの住所を決めておく重要性

とにかく何もできない状態でも

寝るまでの間は生活をしますので

「もの」を使ったりもしますよね。

 

使ったものを

そのものの住所に

きちんとしまっておかないと

部屋は散らかる一方なのですが

 

疲れすぎてしまって

あった場所に戻すことがとても難しい。

 

しかし

疲れているからといって

戻さないでいるのが

ずっと続くと

見える将来はゴミ屋敷です……

 

力を振り絞って

あった場所に戻す。

 

散らからないためだけじゃない

ものをしまうということは

散らかさないため

だけじゃないのです。

 

使うときに体力を使わないため

でもあるんですよね。

 

使いたいときにものを「探す」

ということが

とても体力を必要とします。

 

わかりやすくいうと

とっても疲れているので

今すぐにシャワーを浴びたい

でもタオルがない

どこだ

 

もう動けん……

 

ということになるのです。

 

使いたいときにさっと使えるように

ものの住所に

きちんと返してあげることが大事。

 

まとめ

仕事でそんなに疲れないっしょw

という方も

体調を崩したときを想像してみてください。

 

体調が悪いのに

ものを探すのはとてもしんどいですよね……

 

そうならないように

普段から「もの」は住所に

きちんと返す。

 

疲れているときほど

きちんと返すようにしましょう。

 

ちなみに最近の私は

使った箸を洗う元気も残っていないので

次の日に使いたくても

洗うところからスタート

ということになります……。

 

なんのためにこんな業務をしているのか

わからなくなってきました。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事