身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2020年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

やめてみた:嫌いを人に押し付けること






こんにちは、ろくです。

-------------------------------

昨日日付をまたいですぐに

PCR検査の結果が届き

2人とも陰性でした。

何より実家の家族に

安心を与えられたので

やってよかったです。

-------------------------------

f:id:minimalist6:20201018174857j:plain

やめてみた 1

さて今回は、新しいシリーズを

作ってみました。

続いて溜まったら

面白そうだなと思って。

その名も

「やめてみた」シリーズです。

今日は、

嫌いなものを嫌わせるのをやめてみた

という話。

 

 

「やめてみた」シリーズを始めたきっかけ

このブログでは

ミニマリストとストレスについて

主に書いているのですが、

これは、どちらにも

当てはまるのではないでしょうか。

 

やめたことにより

家がスッキリしたとか、

やめたことにより

ストレスが減ったとか、

 

世の中、

やめてよかったことばかりでは

ないと思うので

やめて失敗することも

私の場合はあると思います(^_^;)

 

それも踏まえて

書き残して行けたら

面白いなと思い、

カテゴリ分けもしました。

PCでご覧いただいている方は

そちらもチェックしてみてください。

 

自分の嫌いを押し付けるのをやめてみた

これは、

今まで私がやっていたのをやめた

というより、

もとからやらないようにしてきたことです。

 

よく言えばこのように、

相手に対して強要しない

「いいこと」のように聞こえますが

 

悪く言えば

本当はいいものでおすすめしたくても

相手にとって不要だと思われるのが怖くて

すすめられない

ということでもあります(^_^;)

 

私の場合は

相手の気持ちを汲み取りすぎ病なので

そこまで考えなくても

いいのかもしれませんが

 

例えばお菓子を「食べる?」と

差し出して

「いや、いい」

と言われるととっても悲しくなるので

最初から分け与えない

という選択肢をとります。

 

ケチなわけじゃないのに

ケチだと思われるんですよね。

 

 

これを今日のテーマに沿って考えると

自分の嫌いなものを

「これ嫌いなんだよね!」

と人に言って、

その人が実はすごく好きだったら

どう思うかな?

ということ。

 

 

 

相手の気持ちを汲み取りすぎるのも

厄介なのですが、

ちょっとだけ汲み取って

「私はちょっと苦手」

という表現にとどめておくと

その場の空気も悪くならずに

済むのではないかな、と思うんです。

 

私の場合、

母が自分の嫌いなものを

押し付けるタイプなんですね。

 

本人はそんなつもりないと思うし、

読まれたら可哀想なので、

全否定はしません。

そういう人がいてもいいと思いますが

もうちょっと相手を尊重しても

いいんじゃないかな?と。

 

たとえば、

私は幼い頃から音楽が好きだったのですが

母が嫌いな歌手がテレビに出ると

「この人嫌い!」と言って

チャンネルを変えたり、

そそくさとどこかへ行ってしまったり

していたんです。

 

私は、

この人がテレビに出たり

話題に出ると

母がどこかへ行ってしまう

という悲しさから、

次第にその歌手の歌を避けるようになりました。

 

以来、機会もなくて

ずっと聞いていなかったのですが、

最近ある人にすすめられて

ちらっと聞いてみたら

もう、

ものすごく素敵で。

 

どうして早く気づかなかったんだろう

と、悔しい思いをしました。

 

歌手だけじゃなく、

芸能人なんかでも

母は嫌いな人が出ていると

どこかへ行ってしまったり

文句しか言わなくなるので

避けていた人が

実はめちゃめちゃすごい才能だったとか

最近になってよく思います。

 

明石家さんまさんとか

志村けんさんとかね。

 

逆に父は志村けんさんが大好きなので

「私とお父さん、どっちについていくの!?」

と言われている気分ですねw

f:id:minimalist6:20201010134417j:plain

志村さんが亡くなったときに

描いたイラストがあったので

載せておきます。

 

まとめ

自分が嫌いなものがあるのは当たり前。

でもそれを他人に押し付けるのは

絶対にしないほうがいい。

その人にとっては、

それが人生を変えるきっかけになったり

将来の夢につながったり

なにがあるかわからないから。

「私は苦手だけど、こういうところはいいと思う」

と言える余裕を持ちたいものですね。

 

 

そして

ケンちゃんラーメンは

いつまでも「新発売」!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事