身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2021年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

「年賀状は禁止」としちゃえばいいと思うのです。






こんにちは、ろくです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日は仕事がくる予定だったので

主人にご飯をお願いしました。

寒かったので鍋です。

主人は自炊時代に土鍋で

ご飯を炊いていたので、

普通に使いこなせていました。

f:id:minimalist6:20201215234759j:plain

昨日の鍋です。

お義母さんからいただいた、大量の「プチっと鍋」と白菜を消費。

にんじんが、まさかの黒。

栄養価は高いみたいですが、

私は赤いにんじんが好きだ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:minimalist6:20201215235018j:plain

年賀状、出しますか?

さて今回は、

年賀状の時期なので、

年賀状、出しますか?

という話です。

 

 

昔は一大イベントでした

小学校時代は、

クラスのほとんどの人に

年賀状を出していました。

 

今はどうかわかりませんが、

父も毎年大量の年賀状を作り、

しかもそれは

趣味の版画で何百枚も手で刷るという

元気余ってんな〜

っていう感じだったので、

それに乗っかって

一緒のこたつで

描いていたと記憶しています。

 

昔は宛名もすべて手書きで

頑張っていましたね(・・;)

母も一緒に。

 

私は小学校2校、中学校2校に

通ったので、

当時は友達が多くて

前の学校にも今の学校にも

書いていました。

 

あの頃は、個人情報保護法なんて

なかったので、

住所や電話番号が

全校生徒分書かれた住所録を

渡されたものです。

 

学年やクラスが違っても

好きな人の住所も電話番号も

筒抜けだったんですYO!

 

それで1学年上の男の子に

突然の年賀状を送ったこともありますw

 

ずいぶん思い切りのいいブスw

 

転校してから1回だけ

手紙が来たのを

私は覚えているぞ。

 

だんだんと枚数も減りました

中学校に入ると、

徐々に出す枚数が減りました。

 

私は嫌われ者だったんです。えへへ

小学校の頃からそうでしたけどw

 

生まれた時からHSPなので

これも被害妄想であってほしいもの。

 

今でも覚えているのは、

中学のクラスメイトに

年賀状を出したら、

ハガキの真ん中に小さい文字で

「ことよろ」

だけ書かれていた衝撃。

 

ハガキ代使ってくれて

ありがとうだよ!怒

 

大人になってからは出さなくなりました

メールでいつでも

連絡が取れる時代になり、

SNSでいつでも

状況を知れる時代になり、

年賀状は出さなくなっていきました。

 

それでも毎年くれる親友はいて、

その子にさえ

メールで返事をするという

ひどい感じだったのですが、

 

最近になって

それはどうかと思うぞ!

と思い、

書くようになりました(・・;)

ごめんなさいでしたm(__)m

 

ミニマリストと年賀状

心を入れ替えて

年賀状を買って出すようになり、

それは毎年くれる親友と、

実家と、主人の実家と

主人のお姉さんだけに絞れました。

 

そう考えると、

枚数が超少ないので、

1枚1枚に心を込めた

メッセージを書けます。

宛名も手書き。

この枚数を印刷で出すには

設定の時間が無駄すぎる。

お子さんの漢字を

「こんな字なんだ〜」と思いながら

書くのも、楽しいものですよ。

 

そしてiPadを数年前に新調して

あぽぺんが使えるようになってから

自分でデザインした年賀状を

印刷するようになりました。

 

描いている時間は、

無駄なように思えて、

無駄ではないような気がしています。

 

その干支さんのことを考えて

動物好きな私は

「来年はキミなのね〜!」

愛でながら描いています。

 

デジタルで描くメリット

デジタルでデザインを作ると、

SNSや LINE、メール、ブログなどで

みんなに挨拶状として

出すことができる点です。

 

インターネットで公開する場合は

名前や住所のところを消したり、

そういうことも簡単です。

 

名刺もデジタルの時代なので

年賀状もデジタルで

いいんじゃないかな?

と思ったり。

 

HSPはその後を気にするのです

生まれた時からHSPな私は

あまり面識のない人に

年賀状を送ると、

相手が「お返し書かなきゃ」と

面倒に思うのではないか?という

考えがまとわりつきます。

 

自分のやることが

迷惑になるのではないか?

という感情は、

本当に生きづらいものですよね。

 

ちょっと塞ぎ込んでしまうと

生きていることが

迷惑なんじゃないか

とか平気で考えます。暗

 

でもわりとすぐ

他のことを考えて

立ち直るんですけどね(・・;)

 

日本のお正月の風物詩

年賀状は、

日本のお正月に欠かせないものです。

 

特に、

今のデジタル化が進みまくった

世の中に慣れない

ご年配の方や、

会社での立場上

送らなければいけない人も

いると思います。

 

が、

ミニマリストの本では

たくさんの方が

「年賀状を思い切って辞めた」

書いていました。

 

かなり勇気がいると思いますが、

今の時代、

絶対必要かと問われたら、

私は不要だと思っています。

 

お手紙を書く感じで出す相手には、

出してもいいと思いますが、

  • 上司だから
  • 社長だから
  • 取引先の人だから

という理由なら、

ちょっと考えたほうが

いいのかもしれませんね。

 

私が出している人たちには

自分が楽しんで書いているので

これはこれでいいと思うのですが…。

 

エコに取り組んでいる会社なんかは

「年賀状は禁止」

としてしまえばいいと思いますけどね。

 

 

 

愚痴っぽくなってしまいましたが

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事