身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2021年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

コロナ禍、一時的にまつエクを休憩。






こんにちは、ろくです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コロナ禍で思うように活動できない中、

掴んだ春高バレーの舞台で

1人コロナに罹患し

優勝候補校が棄権しました。

メンタルケアが本当に大事。

悪いのは選手じゃなくてコロナだし、

コロナを広めないように対策しなかった

日本の偉い人たちです。

東京のコロナ感染者数も

恐ろしい数に。

本当に、オリンピックやる……?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:minimalist6:20210106150126j:plain

まつエクを休憩する

さて今回は、

このブログでオススメしていた

まつ毛エクステを

一旦休憩する

という話です。

 

女性向けの記事で申し訳ありません。

 

 

ミニマリストにオススメしていたまつエク

まつエクとは、

まつ毛エクステのこと。

 

女性がするメイクで

まつ毛を濃く長く見せる

マスカラの役割を果たします。

 

以前の記事はコチラ

www.minimalist6.net

 

サロンそこがミニマリストの味方

前回は、

サロンこそがミニマリストの味方

として、

ちょっと価格が高いけれど

マスカラをつける時間を

短縮できて

マスカラを何本も買うお金も

節約できますよ、

ということを書きました。

 

ところが、ここへきて

新型コロナウイルス

ますます猛威を奮ってきました。

 

東京の新規感染者数も

昨日は1,500人を超え、

いくらマスクをしていても、

他人と接触すること自体が

危険になってきたと

思っています。

 

予約をキャンセルさせていただきました

実は、

6日に、久しぶりに

サロンを予約していました。

 

すでにまつ毛なんて

どこかに落としてしまったのですが、

年も明けたので

ちゃんとしようと思って。

 

前日の夜までなら

ウェブでキャンセルできるのですが、

オープンが当日だったため、

ウェブでのキャンセルができない状態。

 

で、電話かぁ……。

コロナが怖いからって

言っていいかなぁ……。

 

コロナ禍で予約してきたくせに

って思われないかなぁ……。

 

と思い、

前日までは

「やっぱり行こうかなぁ」

なんてグダグダしていたのです。

 

電話が嫌いだしw

 

でもやっぱり思い直し、

今までせっかく

コロナを持ち込まずにやってきた

我が家に

自分が原因で持ち込んでしまったら

笑えないなということで、

キャンセルの電話を。

 

今までも何度か

キャンセルさせていただきましたが、

スタッフさんはとても感じがよく、

コロナが怖くて、と言っても

非難されませんでした。

 

私たちだって怖いよ!

と、絶対思ってるはずなのに。

サービス業ってすごい。

 

まつエクをやめて、マスカラを買うのか?

コロナが落ち着くまで

まつエクはお休みしようと

決めたわけですが、

じゃあマスカラを買うのか?

という話になります。

 

迷いましたが、

買わないことにしました。

 

メイクポーチをかなり小さくして

多分、ビューラーとマスカラが

入らないですし、

 

今は本当に外に出ることが減ったため

そもそもメイクをしていないw

 

コロナ禍でミニマリストを辞める?

このご時世、

外になるべく出ないように、

日用品のストックを

部屋に置くために、

ミニマリストという肩書きを手放す

という人を多く見かけます。

 

コロナ禍で、

今までと同じ生活が

できなくなってくるのは

仕方のないことだと思います。

 

ストックを置きたくなかったけれど

置かなきゃいけなくなったからといって

ミニマリストじゃなくなるのか

というと

そうでもないので

「今」に合わせて

ミニマリズムを楽しんでほしいなと

思いました。

 

早くコロナが落ち着いてくれると

いいですよね。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事