身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

すっきり暮らす。家族とともに家の中を幸せにしたい。いい加減だけどていねいに。

まずは3つ、捨ててみよう。






こんにちは、ろくです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は本当に眠るのが下手くそ。

朝型に戻しても戻しても、

簡単に夜型に戻ってしまう……。

戻そうとして、1日無理して

寝ずに夜まで頑張っても、

いい感じの眠気は

お風呂に入ると消え去って

また朝まで寝れなくなってしまう。

私の地球は丸くないんじゃないかと

思ってしまいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:minimalist6:20210129062620j:plain

さて今回は、

ものが捨てられない人も

試しに3つ

捨ててみよう

という話です。

 

 

最初は勇気が必要です

私も以前は

ものが捨てられない人でした。

普通の人以上に

捨てられませんでした。

 

例えばなにかを買ってきて、

それを使ってなくなってしまうのが

もったいないと思っていて

買っても使わないまま

とっておくので

どんどんどんどん

溜まっていきました。

 

私が最初に捨てたもの

すべてのジャンルで

ものを捨てずに溜めるタイプだった私が

ミニマリストに目覚めて

最初に捨てたものは、

コスメでした。

 

当時、仕事もしていて

帰ってきたらヘロヘロで

休日も疲れ切ってしまって

何もできなかったんですよね。

 

だから、

身体を動かさなくても

捨てられる

小さなスペースから

ものを減らしていきました。

 

コスメはいくらあっても

どんどん買ってしまうんですよね。

新作とか出ると気になりますし。

 

引き出し2つ分くらい

こまごまと持っていたのですが

絶対使わないものを

ぽい

ぽいぽい

と3つくらい捨てはじめたら

 

勢いがついて

どんどん捨てられるんですよね。

 

まずは全体で3つ、捨ててみる。

どこでもいいです。

コスメでも、

文房具でも、

下着でも、

洋服でも、

まずは3つ捨ててみましょう。

 

捨て癖がつくと、

すいすいと

ものが捨てられるようになります。

 

慣れてきたら、

各ジャンルで3つずつ捨ててみます。

 

各ジャンルで3つずつ捨てるのは

結構難しいですが、

ものがぐんと減ってスッキリします。

 

1日1捨もオススメ◎

多くのミニマリストさんが

推奨している、

『1日1捨』もオススメです。

 

1年で365個のものを

捨てられると考えると、

じっくりやんわりミニマリストになるには

とてもいい方法だと思います。

 

リバウンドに注意!

ミニマル活動はものを減らす活動。

ダイエットは体重を減らす活動。

どちらも同じなんですよね。

 

ミニマル活動も、

一気にやりすぎると必ずリバウンドします。

本当に不要か、

本当は必要か、

きちんと見極められないまま

勢いだけで捨ててしまうと

やっぱり必要だった……となって

買ってしまい、

買い癖がつくと

またどんどん増えてしまうのです。

 

せっかく勢いづいて減らしたのに

増えるのは一瞬。

そんなの、減らした時間ももったいない!

 

なので、

リバウンドしないように

じっくり見極めながら

捨てていくのがいいと思います。

 

平日が忙しい人は

週末に5つ

とか決めてもいいと思います◎

 

ぜひ、無理のない捨て活で

安定したミニマリストを目指しましょう!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事