身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

すっきり暮らす。家族とともに家の中を幸せにしたい。いい加減だけどていねいに。

コロナ禍はおうちでSushi-Party!






f:id:minimalist6:20210710171230j:plain

こんにちは、ろくです。

 

今回は、
はてなブログ今週のお題
「お寿司」について
書きたいと思います。

 

ミニマリスト記事ではないです。

 

今週のお題「寿司」

 

 

私の主人は寿司が好き

私の主人は
毎日でも食べられるくらい
お寿司が好きです。

 

お寿司というか
お刺身が好きです。

 

「今日何食べる?」
なんていう質問は愚問。

 

「寿司」
としか返ってこないので
90%はシカトです。

 

回らないお寿司は未経験

私は北海道民ですが
回らないお寿司は
食べたことがありません。

 

父が極端な外食嫌いで
言い換えれば
母の手料理大好っきー
なので、
マックでさえ
高校に入ってから食べました。

 

なので、
家族で外食した思い出なんて
本当に数少なくて
楽しかったなぁ、
と思ったり思わなかったり。

 

家族で回転寿司に行ったことも
記憶にないですが、
そんな私が回らないお寿司など
食べたことがあるわけなくて、
いい年になった現在も
回らないお店は怖くて入れない
という状態です。

 

社会経験のために
外食には適度に行くべきだと
思うのですよ、私はw

 

お寿司の頼み方も知らなければ
ネタの名称も知らないですからねw

 

道産子の蓋を開ければこんなもんw

 

とうちゃん船乗りなのにw
泳げないしw

 

コロナ禍の楽しみ方

以前のお気に入り店舗は
『スシロー』でした。

 

安いというのもありますが、
スシローのネタは
北海道民の私からしても
北海道っぽい味がします。

 

北海道に比べると小さいですが
味は1番好きです。

 

ネタだけじゃなく
シャリも小さいので
顎の小さい私も食べやすい
というのもお気に入りポイント。

 

でも
外食に行かなくなって
お寿司の楽しみ方は
やっぱりデリバリーか
手巻き寿司になりますね。

 

手巻き寿司は特別な日に

正直用意するのが面倒な
手巻き寿司。

 

でも楽しいので
記念日に作ったりします。

 

f:id:minimalist6:20210710171243j:plain

 

お刺身をお皿に移して
卵を焼いてきゅうりを切ればいいので
わりと楽ですが
面倒なんですよねw

 

ちなみに酢飯は
我が家に砂糖がないので
酢飯の素を使います。

 

さすがにハチミツは
ちょっと違うかな、と思って。

 

私の気分が乗ったらデリバリーのお寿司に

今はデリバリーも
気軽に頼める時代です。

 

回るお寿司やさんのデリバリーは
そんなに高くないので
よく利用します。

 

f:id:minimalist6:20210710171253j:plain

 

店舗はほとんどスシローですが、
何度か小僧寿しを頼んだことがあります。

 

お寿司自体は美味しいのですが、
なぜか
小僧寿しの醤油を食べると
唇が痛く腫れてしまう
という
謎のアレルギー症状が出るのは
なぜですか……?

 

同じような方、いますか?

 

魚介類は大丈夫なので、
考えられるのは醤油しかないのです。

 

好きなネタはなんですか?

みなさんは
なんのネタが好きですか?

 

私は赤いお魚があまり好きではなくて、
たまごとイクラ
えんがわとホタテがあれば
大満足です。

 

たまに大トロとか
食べますが
ひとつでいいやってなります。

 

昔はマグロ
好きだったのですが、
……飽きたのかな……

 

そういえば、
昔最北端に住んでいたころは
家に帰ると洗面所に
父が持ち帰ったホタテが
貝のまま動いて塩抜きされていたり
毎日甘エビが出たりしていました。

 

今考えるとすごいですよね(・・;)

 

ホタテがベロを出しているのを
割り箸でつついて遊ぶのが
大好きでした。

 

「絶対指で触ったらダメ」
という北の大地ならではの教えw
(挟まれるから)

 

ああ、いくら丼が食べたい。

 

f:id:minimalist6:20210704154251j:plain
f:id:minimalist6:20210710171307p:plain

最近よく食べてえらいぞ!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 女性ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

おすすめ記事