身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2020年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

一つのもので代用するという、デメリット。






ミニマリストは、代用できるものは代用して余分なものを減らそうと考えると思います。

それって、スポーツにちょっと似ているな、と思いました。

私の大好きなバレーボールに例えると、あるチームはサーブが強みだから、サーブで点を稼いで連勝を目指そう! としているとします。

そのチームは、サーブの調子がいいときは、本当に他のチームが頑張っても頑張っても追いつけないくらい強い。
けれど、サーブの調子が悪いとき、サーブを得意とする選手が怪我をしたとき、そのチームは他のチームに歯が立たなくなります。

ミニマリストも似ているところがあって、代用しているからものを少なくできているものの、その代用している主体がなくなってしまうと、代用していた他の用途にも使えなくなってしまい、替えも余分に置かないので、一気にヤバ……となるわけです。

この度、新型コロナウイルスの影響で週末の外出自粛を要請された東京ですが、私の出向先は今週いっぱいは仕事も休みになり、自宅待機になりました。
私は出向者なので有休などはなく、まるっと休みになるだけで収入が減るんですが(^_^;)

その会社にお世話になっている以上、どこかでウイルスをもらってきて撒き散らすのも嫌なので、自宅待機といわれている期間はおとなしく自宅待機しようと思っていましたが、生活用品はなくなります。

さきほど、愛用しているミノン全身シャンプーが「すかっ」となってしまいました(;・∀・)

ミノン全身シャンプー詰替え用のイラスト

ミノン、全身シャンプー詰替え用

かっこつけて、無印の白いボトルに入れているので、残量がわからずw

 

無印良品の詰替えボトル

無印良品の詰替えボトル

この容器、メラミンなのかな? プラスチックよりも重さがあるので、まだ残量があると勘違いしがち! 気をつけましょ!

シャンプーとリンスとボディーソープを、この全身シャンプーで代用している私は、これがなくなると、身体も髪も洗えなくなるということになります。

これは、不要不急の外出云々と言っている場合ではない。

買いに行かなければ。

ということで、怯えながらも薬局まで行ってきました。
人となるべく接触したくない時期なので、今回ばかりは替えも買ってきました。
これでしばらくは安心です。

この安心感にかまけて、替えを常に準備する人にはならないように気をつけたいと思います。

代用するということは、それがなくなったときのダメージが、代用分発生するということをお忘れなく……。

新型コロナウイルスが猛威を奮っていますが、ミニマリストだから! という変なプライドに騙されて「替えはいらない!」「なくなったら買えばいい!」なんて思わないほうがいいです。

買うということは人と接するということで、ネットで買っても置き配以外は人と接するので、それは感染のリスクが高まるということです。

感染したら数週間でこの世からいなくなるかもしれないということを頭に入れて行動しましょう。

ミニマリストなんて、コロナが落ち着いてからでもなれますからね?

せっかくものを減らしたのに、なんて思わず、今は自分と大切な人の命を守ること、自分の収入源である会社を守ることを考えましょう。

自分が無症状でバイオテロとなり、会社が倒産してしまうかもしれません。

パートナーが、恋人が、家族が死んでしまうかもしれません。

臨機応変ミニマリストになりましょう。(^ν^)

兎山 陸 -- 目指せミニマリスト (@toyama_roku) | Twitter



おすすめ記事