身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2021年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

こばなし

Air Podsの探し方

今回は、Air Podsの探し方です。ミニマリズムと関係ないかもしれませんが、ミニマリストさんはAir Podsを愛用している方が多い印象で、今回私が助けられたので記事にしました。

低価格で十分なもの

今回は、上質を少量のミニマリストでも低価格で大丈夫なものの話です。だめになったらすぐに買い替えられる価格、というのも、気分が変わってリフレッシュしますね。

春が来る前に冬服を買った話

今回は、春が来る前に冬服を1着買った話です。もちろん1 in 1 out。1着は手放します。お気に入りに囲まれて暮らすのは、いいですね。

ぼろぼろでもついつい使ってしまうもの3選

今回は、ぼろぼろになってもついつい使ってしまうものについて。見直す時期を決めるといいですね◎

やめてみた:就寝時の加湿器

今回は、就寝時の加湿器をやめてみた話です。汚い加湿器は、ときに凶器となり得るのです。

モノクロ世界に衣服で差し色を

今回は、ミニマリストが大好きなモノクロの世界に差し色を置いて、気分を上げるという話です。私はまだ白い部屋に住めていないですが、将来はそうなりたいです。

ミニマリストのカバンの中身

今回は、私が現在持ち歩いているカバンの中身を紹介しました。これだけで十分です◎

無理しない、ひとりのすすめ。

今回は、無理して飲み会や女子会に行く必要はない、という話です。得るもの、ありますか?私の場合はストレスしか得ないので、行くのをやめています。

洋服レンタルサービスの善し悪し

今回は、洋服レンタルサービスの善し悪しについて書きました。ミニマリストだから不向き、とは一概に言えませんので、オシャレさんなら助けてもらえるかも。

ものを減らしたらお気に入りだらけになった件

今回は、ものを減らしたらお気に入りだらけになった話です。間に合わせで買うのは、ものに対しても失礼かなと考えるようになりました。

厚くなっていませんか? もの捨てフィルター

今回は、捨て活が捗らなくなったなーと感じている人へ。実は私も今、伸び悩んでいるのですが、焦る必要はありません。

やめてみた:仕事に魂を捧げること

今回は、仕事に魂を捧げるのをやめた、と言う話です。業種によっては使えない話ですが、あくまでデスクワークの私が思ったこと。医療のみなさんへ敬意を表します。

羨む気持ちがなくなるという自由

今回は、ミニマリストになると他人を羨む気持ちがなくなり、心にゆとりが生まれます、という話です。自分は自分、という筋を確立できるのも、ゆとりのおかげ。何もない部屋でコーヒーを片手に無重力にすごしましょう。

バレンタインは食べてなくなるプレゼントを!

今回は、ミニマリストに喜ばれる「消える」プレゼントについてです。バレンタインが近いので、我が家のバレンタインをご紹介。

コフレというキラキラワード

今回は、年中無休の『コフレ』の落とし穴についてです。使わないものが入っていたら、すぐに手放しましょう。

人間らしく、ミニマルになる。

今回は、自分の暮らしの中で、お金・時間・空間を使いたいものについて考える、という話です。私は3つありますが、それをミニマルにするつもりはありません。

自分のブームの流れに逆らわない

今回は、『本当はこっちがいいのにな』のアンテナを光らせてそれに逆らわず、自分が持ちたいものを少量持って優雅に暮らそう、という話です。

睡眠上手になって充実した時間を増やそう

今回は、睡眠上手になってストレスを減らそうという話です。時間を充実させるためには、上手な睡眠が欠かせないのです。

まずは3つ、捨ててみよう。

今回は、ものを減らせない人は、まず3つ試しに捨ててみよう、という話です。勢いに任せてたくさん捨てると、リバウンドすることがあるので注意。

ノンストレスの魔法の言葉「他人だからな」

今回は、ストレスを感じたときに落ち着いて反芻してみてほしい魔法の言葉『他人だからな』についてです。

持っている理由、言えますか?

今回は、ものを減らそうと思ったときになかなか減らせない方へ。そのものを持っている理由をすぐに言えないものは、不要のふるいにかけてみましょう、という話です。

整理整頓の前にやるべきこと

今回は、整理整頓の前にやるべきことをまとめました。私の場合は生活が乱れていると部屋も散らかります。前準備をしっかりして、整理整頓したいと思います。

誰かのために、を辞めてみる。

今回は、発信している方にわかってほしいことです。続けるためには、「人のため」をやめること。実体験を発信したほうが、役に立つのです。

足るを知って満足しない、私の場合。

今回は、『吾唯足知』について。私の求めるミニマリズムは、ただ足るを知っただけでは手に入らないのです。

手帳好きの手帳捨て

今回は、毎年やっている「手帳」の整理です。1年に1冊だけ残して、あとは捨てる作業。コレクターには辛い作業ですが、乗り越えます。

ミニマリストへのプレゼント

今回は、ミニマリストがもらって嬉しいプレゼントについてです。相手が本当に喜ぶものって、夫婦であってもよく話していないと難しいです。

負の感情を手放す方法

今回は、負の感情を手放す方法についてです。人にも物にもあたらずに、ストレスを発散する方法。私には欠かせません。

リキッドコスメは3ヶ月で捨てよう

今回は、コスメの使用期限についての話です。捨てにくい人、コスメが溜まってしまう人に、捨てどきの話です。コスメにも細菌が繁殖します。

壊れた傘はすぐにすてよう

今回は、壊れた傘をすぐに捨てよう、という話です。それだけで、玄関が片付きます。

コロナ禍、一時的にまつエクを休憩。

今回は、ミニマリズムとして続けていたまつエクを、一時的に辞めるという話。コロナの蔓延で、今まで通りにミニマリズムを楽しめなくなった今、辞める必要はあるのか?ということ。

おすすめ記事