身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2021年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

洋服に時間とお金をかけるのは2年に1度






f:id:minimalist6:20210630172353j:plain

こんにちは、ろくです。

 

今回は、
部屋着のTシャツ3枚を買い替えようと
思ってサイトを開いたはいいけれど
すぐにスッと閉じた話です。

 

 

現在の部屋着(トップス)

私はバレーボールが好きなので、
好きなチームが優勝したときに売られた
チャンピオンTシャツ
応援Tシャツ
そして初めてのコロナ禍で
日本代表が紅白戦をリモートで
開催したときに売られた
「ただのTシャツ」の3枚を
夏の部屋着としています。

 

色的には赤・赤・白なので
なんともめでたい感じなのですが、
あくまで部屋着であって
これで外に出ることはないので
見た目などはまったく気にしていません。

 

ユニフォーム布地は丈夫すぎる

買うときは少し値が張るのですが、
ユニフォーム布地でできたTシャツは
本当に丈夫です。

 

毎日着て布団に擦れて、
洗濯回数も多いはずなのに
毛玉もホツレも全然ありません。

 

プリント部分も
ただプリントしているものではなく
布地にしっかり色が入っているタイプなので
ひび割れたり剥がれたりといったことが
皆無なんです。

 

もちろん動きやすいし、
伸縮性もすごい。

 

高い分だけあるな、
といった印象です。

 

紅白戦で売られた「ただのTシャツ」は
綿でできているただのTシャツに
簡単なプリントがされているもので、
価格的にユニフォーム布地よりも断然安く、
リモートチケット代+1,000円とかで
買えた気がします。

 

そちらはやっぱりヨレがすごくて
毛羽立ちもかなり目立ってきました。

 

洋服を選ぶときに「布地」がいかに大事か
身に染みました……(^_^;)

 

部屋着はいつもUTだった

今の部屋着を買う前は、
UT(ユニクロ)を好んで買っていました。

 

可愛いコラボがいつもあるし、
価格も安いので
毛羽立ちが目立ってきたら買い替える
ということが簡単にできるからです。

 

でも1回の夏だけで買い替えるのは
あまり意味がないなと考えました。

 

意味がない、というのは、
せっかく洋服を減らして
買うために選ぶ時間を減らし、
2シーズンくらい使うことで
お金の減りも抑えることができているのに、

 

毎年選んで買うということをしたくない
ということです。

 

私はパンツこそジーンズしかないので
そのまま洗濯しますが、
トップスはなるべく経年劣化しないように
必ずネットに入れて洗濯します。

 

それでも今は部屋着で一日中過ごしてしまうので
劣化が激しく、
おそらく綿のTシャツだと
2年もたないんじゃないか
という気がしています。

 

それにUTってしょっちゅう可愛いコラボを
してくれちゃうので、
欲しくなってしまうんですよね……

 

www.uniqlo.com

 

選ぶ時間を極力減らしたい

可愛いコラボが出た!
といっても、ちょっと柄的にうるさかったり
年齢的に無理というデザインもあります。

 

それらを避けて選んで……
となると、
選ぶ時間を使います。

 

飽きた頃に違うデザインに買い替える
というのは
モチベーションを上げるのに
とてもいいことなのですが、
それだとお金を使いすぎてしまうというか。

 

難しいですね……(^_^;)

 

サイトを覗いてみるも……

ユニクロのサイトをチラッと覗いてみましたが、
案の定たくさんありすぎて
選ぶのに時間がかかりそうだと思い、
スッと閉じてしまいました。

 

『とりあえずまだ着れるからいいや』
という、いつもの言葉で
買わないことにもっていく私w

 

でもひとつはボロボロになってしまっている……

 

全て今年の夏で2年目なので、
来年3着迎えようかなー
という結論で、
今年は時間をかけずに
お金もかけずに済みそうです(^^)

 

ダラダラしているだけ
と言われたら何も言えません。

 

f:id:minimalist6:20210622135136j:plain
f:id:minimalist6:20210630172402j:plain

説得力のかたまりだなぁ!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 女性ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

おすすめ記事