身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

すっきり暮らす。家族とともに家の中を幸せにしたい。いい加減だけどていねいに。

紙本を一部解禁するにわかミニマリスト






f:id:minimalist6:20211013120532j:plain

こんにちは、ろくです。

 

今回は、
ミニマリストなのに
紙本を一部解禁した話です。

 

 

紙本は絶対に買わない!という主義

私はマキシマリストだった頃、
本を結構所持していました。

 

昔からわりと読書にハマる時期があり、
でもハードカバーは嫌いなので
文庫本をよく購入していました。

 

でも、ミニマリストを目指して
ものを減らし始めた時、
紙の本はほぼ
手放してしまいました。

 

好きで集めていた作家さんも
いましたが、
また読みたくなったタイミングで
Kindleで買い直す覚悟で
手放しました。

 

ちなみに私は
紙の本をお風呂で読んで
よれていく劣化を愛しているので
古本としては成り立ちません。

 

それに、
古本にしてしまうと
作家さんにお金が入らないので
古本屋さんには売らないし
古本も買わない主義です。

 

どうしても手に入らないものは
中古を狙いますがw

 

そのかいあって
本棚ひとつ埋まっていた本がなくなり
本棚を収納として
使うことに成功。

 

狭い家ではかなり助かっています。

 

好きな作家さんはKindle化してますか?

今の時代、
本はかなり高い確率で
紙本と同時にデジタル本も
出版されます。

 

Audibleになると
ちょっと遅れたり
音声化されないものもあるのですが
文字の本はかなり高確率で
デジタル化されます。

 

だから待っていたんです。
好きな作家さんの本が
Kindleかされるのを……

 

しかし、
待てども待てどもKindle化されない。

 

これは覚えておきましょう。

 

発売日、もしくは
発売から1週間経っても
Kindle化されないものは
されないのだ、と。

 

それは作家さんの意向であったり
出版社との兼ね合いだったり
いろいろと大人の事情があると
思うのですが、

 

されないものは待ってもされないのです。

 

私は半年待ちましたが、
もう諦めました。

 

頑ななミニマリズムに囚われて得るものを逃す?

Kindle化されないものは
もう諦めて買わない

 

という考えだった私ですが、
最近は考えを改めました。

 

Kindle化されないものは
紙本でも買う!
ということにしました。

 

理由は、
ものを増やしたくないという
個人的で狭い理由のために
そこで得られたはずの情報や感動を
知らずに生きていくのは
もったいない
ということ。

 

本を数冊増やしたからといって
誰かに殺されるわけではありません。

 

SNSの世界でdisってくる輩がいれば
そんな狭心者は
放っておけばいいのです(`・ω・´)

 

自分が生きやすいように
ミニマリストをやっているのであって
誰かのために
誰かの「いいね」のために
ではないはずです。

 

だから私は
好きな作家さんでKindle化しない人の本は
紙本として買おうと決めました。

 

f:id:minimalist6:20211013120536j:plain

 

例えば誰?

私がここ1年間、
Kindle化を待ち望んで叶わなかった
作家さんは2名ほど。

 

です。

 

他の作家さんは
Kindle化してくれているので
そちらで購入しています。

 

Kindleでは読みにくい作家さんも
いるのですが、
Kindleで買えるものは
Kindleで買うようにしています。

 

じゃないとキリがないから(^_^;)

 

雑誌は読まないですが、
雑誌の場合は
iPadKindleアプリで読むのが
おすすめです◎

 

カラーだし、拡大できるので
とても見やすいです。
(新しいKindleは拡大できるらしいけど)

 

というわけで、買いました♡

「あえて」紙本を買った第一弾は
こちらです。

 

f:id:minimalist6:20211013122328j:plain

 

ずっと読みたかった本。
益田ミリさんの
『美しいものを見に行くツアーひとり参加』

 

これに限らず、
益田ミリさんの本は
タイトルだけで惹かれるものがたくさん。

 

なのにKindle化されない……

 

紙本は、読んだら捨てる?

紙の本は
読み終えたら捨てるのが
ものを増やさないコツですが、

 

また読み返したい時に
読み返せなくなるという
デメリットがありますね。

 

Kindleだとサッと
読み返せますが、
どの辺に書いてあったかな?には
超絶不向き。

 

ですがこれは
ハイライト機能を使えば
なんとかかろうじて
クリアできることです。

 

本自体を捨ててしまったら
それも探せなくなってしまうので
本当だったらとっておきたいです。

 

でも、
私はずーっと読書をしている
本の虫ではなく、
ただブームがきたときに
読書が好きになるだけの
ただの人間。

 

本屋で働くほど本が好きなら
集めてもいいと思いますが、
そこまでする必要は
私にはないかな、と思っています。

 

多分、数冊溜まったら処分するでしょう。

 

f:id:minimalist6:20211013120541j:plain

 

得られる感動は得たもの勝ち

せっかくそこに
情報や感動があるのに
ものを増やしたくないという
頑なな気持ちだけに囚われて
情報や感動の方を手放していませんか?

 

それはとてももったいないこと。

 

読みたい本がデジタル化されていなければ
紙本を解禁する勇気を持つと、
そのままでは得られなかった
情報や感動が得られるはずです。

 

ゆるくいきましょう(^_^)

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 女性ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

おすすめ記事