身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2020年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

ストレスを溜めて得たお金を、ストレス発散に使わない。






こんにちは、ろくです。

-------------------------------

いうてますけども。

今日もストレスを溜めました。

-------------------------------

f:id:minimalist6:20201012164826j:plain

ストレスを溜めて得たお金の使い道

 

さて今回は、

お金の使い道について

考えてみた話です。

 

 

仕事とストレスは切り離せない

世の中にはいろいろな仕事がありますが

どんな仕事でも

ストレスは必ずついてくるもの

だと、私は考えています。

 

好きなことを仕事にしていても

ストレスはついてきます。

 

私の仕事に例えてみましょう。

 

私の仕事は校閲です。

好きでやっています。

 

日々私が愚痴をこぼしていたのは

ちょっと特殊なので置いといてw

本来ならば家でできる仕事です。

 

家でこの仕事をするとなると

出社のストレスもないし

自由に時間を使えるし

ストレスなんてないんじゃないの?

 

と思うかもしれませんが、

仕事をするということは、

取引先の相手が必ず存在します。

 

ルールがあり、

締め切りがあり、

ミスをすれば責任を問われます。

 

そこは、

どんなに好きな仕事でも

ついてくる「ストレス」なのです。

 

ストレスはあったほうがいい

以前、

ストレスを完全にゼロにすると

人間は成り立たなくなってしまう

という記事を書きました↓

 

www.minimalist6.net

 

少しのストレスはあったほうが、

人間はちゃんと生きられるのです。

 

問題なのはストレス過多

多すぎるストレスが問題なんですよね。

日本人はたくさん

ストレスを抱えると言われています。

 

人の顔色を伺う人種だから。

 

それは人種だから

仕方なのないことかもしれません。

 

でも、

身体を壊すほどのストレスは

明らかに受けすぎです。

 

そのストレスを発散するために

みなさんは

仕事で受けたストレスを発散するために

どんなことをしますか?

 

  • カラオケ?
  • ショッピング?
  • 旅行?
  • スポーツ?
  • 暴飲暴食?

 

いろいろあると思いますが

ストレスを発散するために

お金を使いすぎていませんか?

 

せっかく、

こんんんんんなにも

ストレスを溜めて働いて

もらったお金を、

ストレス発散のために

使いすぎるのは、

なんか違う気がしています。

 

特にショッピングには注意したい。

 

ストレスがたまると

物欲が激しくなり

ついついものを買ってしまう。

 

私にもその傾向があります。

 

ミニマリストを目指している人が

これをやってしまうと

お金も減るし

片付けた部屋もどんどん

狭くなります。

 

ストレスに耐えて貰ったお金は

ストレス発散以外に使えると

とても有意義な生活を

送れると思うんです。

 

 

まだ私には

そう言い切れる力がありませんが(^_^;)

 

ものが少ないとストレスが減る

家にものが少ないと

見た目にうるさくないので

その空間にいるだけで

ストレスが軽減されると思うんです。

 

その空間で

コーヒーを飲むだけでも

ストレスが解けていくみたいな。

 

そうなると

コーヒー1杯だけで

ストレス発散することができるようになり

無駄な出費を抑えて、

 

ストレスを溜めて貰ったお金を

他の使い道にあてることができます。

 

引っ越す

家を買う

旅行に行く

など、大きな出費にあてることができます。

 

今はコロナ禍なので

うまいこといかないかもしれませんが

まずはコロナに負けないように

免疫力を高めつつ

お金をなるべく使わずに

ストレスを発散する方法を

考えながらじっと耐えるとき

なのかもしれませんね(^_^;)

 

ストレスを溜めながら

限界まで働いて

免疫力が下がってコロナに罹患したら

本当に悔しいので

とにかく罹患しないように気をつけて

今を乗り切りましょう。

 

まとめ

コーヒー1杯でストレスを発散する方法は

ものを減らして

その空間に癒やしを求めることです。

私もその空間を目指して頑張ります。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事