身軽に生きて、ストレスをカスタマイズする。

汚部屋からミニマリストへ。2020年2月、マキシマリストだった兎山陸が、突然ミニマリストになろうと思いつきで目指すことにした。2020年の大晦日までに、不要なものは全て手放す。

物を減らす、いいところ。






私はもともと、子供の頃からマキシマリスト? でした。
マキシマリスト? って言う?w
とにかく物が多い。

今も、ミニマリスト「目指している」段階なので、物は多いです。まだまだ。
でも、不要な物を手放しはじめて思ったことがあります。

それは、物を手放すことってストレス発散になるなあ、ということ。

 

気づき

 

  • 物が多いときは、物を迎えることに抵抗がないので、物を買うことでストレス発散をする。
  • 物を減らすと、新しく迎えることに抵抗が生まれるため、出ていくお金も減るし、一石二鳥。

 

「お金を貯めたいから我慢する」というのは、ストレスになります。
でも、「せっかく物を減らした部屋に、物を迎えるのがちょっともったいないから、もう少し考えて必要だったら、ちゃんと部屋に合う物を迎えよう」と思えば、支出も最低限におさまるし、部屋も散らからない。
一石二鳥。

お金は、「使わない」という意識でいるとストレスが溜まります。
「使う必要がない」という意識でいると、気づいた時には溜まっていて、ストレスフリー。

 

。。。愚痴。。。

昔、超ブラック企業で働いていたころは、お金は入ってくるけれど使う時間がなかったので、知らないうちに溜まっていて、そのお金で上京しましたねw

ーーーーーーーーーーーーーーーー
愚痴、聞いてくれます?

その会社、もうひどくて、某ホテルの設営兼ホールだったのですが、朝9時から夜中の3時まで5分たりとも休憩がなかったことがあって。
ずっと歩きっぱなしです、パンプスで。
私は外反母趾なので帰りには歩けないくらい痛くなって、本当に大変でした。

当時は喫煙していたのですが、男性はバックヤードで吸ってもよくて、女性は休憩中しかダメというのも、男女差別極まりなくて。

前にも書きましたが、私は精神的に崩れていた時期があり、そのことをみんなの前で揶揄う黒服までいて。
モラハラパワハラ、当たり前。

一緒に働く人に向かってお前そっちやれって言っただろ! 何聞いてんだよ!」なんて言う人がいる会社は、すぐに辞めた方がいいと思いますw

後輩にも、「ありがとう」と「ごめんね」を言える先輩がいる会社を選ぶことをおすすめします。
私がいたブラック企業は、もう本当に最低すぎて、すぐ辞めようと思ったら、支配人が辞めさせてくれなくて。
高校の時のヘルニアが再発したと言っても辞めさせてくれなかったので、「結婚します( ・`д・´)」って嘘つきましたねw
今思えば、高校生のアルバイトも多くいたのに、みんな夜まで働いてたなあ。
愚痴おわり。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

迎えるストレス発散より、手放すストレス発散の方が、環境にも良さそうですよね。
手放すときは少し、環境に悪そうだけどw

で、物を「捨てる」ことを「手放す」っていうの、ミニマリストあるあるですよねw
私は個人的に、「手放す」の方が白い壁に合っている感じがして好きなので、使っていますが、ようは「捨てる」ということですw

兎山 陸 -- 目指せミニマリスト (@toyama_roku) | Twitter

おすすめ記事